農作業を疲れずにやるにはどうしたらいいか、、、。

畑仕事をしている友達とおしゃべりをしていて。

友人 「ハサミの使い過ぎで指が腱鞘炎みたいになっていて、痛いんだ~。」

私 「そうなんだ~、農作業って同じ作業が続くからハードだよね。ハサミを使う時も痛くならないような使い方がないか研究してみると良いんじゃない~~!!」

友人 「ぜひ、研究して教えて~~~^^!」

 

なんて会話をしていました。体の使い方を考えるのが趣味みたいなものなので、私の好物ではあるのですが、研究するためには畑仕事をする所から始めなきゃな~~。

時間かかるな~~、、、。どうしたら良いかな~~。

自分の事だったら、寝かしつけの添い乳の時に横向きに寝ていて腰が痛くならない方法を考えたり、9kgくらいになったりっちゃんを持ち上げる時に腰が痛くならない様にとか、編み物をしていて肩や手が痛くならないで長時間続けられる方法、

アフリカの太鼓を叩く時に片手でベル、もう片方でバチを持つ太鼓をよく叩くのですが、リズム感も大切だけど、そのリズムを刻み続けられる為に疲れないで長時間叩く方法とか何かする時に無意識にも意識的にもどうしたら楽に疲れないで身体を使えるのか??

ているのを考えているのですが、どうやらその「楽」とは=「力まない」っていう意味なんだなって改めて自分のやっていることに気づきました。

 

「楽」=「力まない」
人に伝えるときにいつも「楽に出来るところ」って伝えていたけど、それだと抽象的過ぎたんだろうな。

要は「力まないで出来るところを探す」と良いんじゃないかと思っているんです。

 

「力まない」と「ダラってする」もまた違うことなんです。

良い姿勢も最終的には力まずにでも綺麗なところを目指していくと良いと思っています。

今できる自分の100%よりももっと、、って思うと力を使っている感覚あるんですけどでもそれも「力み」ではないんですよね。

そして普段使いには80~90%の楽だけど疲れない力まないところを目指していると継続しやすいんじゃないかなと思います。

本当、体の使い方をコントロール出来るといろんなことに応用できますよね。
ダンス、サーフィン、編み物、日常生活、育児、楽器演奏、、、、、。

不思議と何かをしようとするものって「同じような動きを繰り返す」っていうことが多いですね。

肝なのは「同じような動きを繰り返す」事を出来るだけ楽に長く続けられるようになることが上達への道なんじゃないか。

上手な人ってすんごい簡単そうにやっているように見えません??
それって上手なのは勿論なんですが、体が力まず力が抜けているから見ていて心地良いっていうのあると思うんですよね。

 

ダンスもそうなんだな~~、力まずにでもふにゃふにゃしないところを目指していこう!!ってなんで今まで気づかなかったんだっていう自分なりの気づきありました。

私もまだまだ道半ばなので頑張ります。

 

身体って本当面白いですね~~!!

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦ Body Basic studioのLINEにご登録下さい♪ スタジオからのレッスン、主催ワークショップやお休みなどの お知らせを不定期でお届けします! お問合せや気軽な質問・お知らせもこちらからご連絡頂けます。 友だち追加

♦ Body Basic studio ♦

身体を、感じて、コントロール。

身体を感じることは身体を知ること。 身体を知ることは自分を知ること。 自分を知ることは自分を大切にすること。

「心身ともに快適」を自分で作る、Body Basic Control。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

2007年キューバへ単身1年遊学した際に出会った「パルテ デル クエルポ」(身体を23個のパーツに分け、それぞれを独立して動かすことで身体感覚を高めるメソッド)と帰国後習得した「ピラティス」を組み合わせたレッスンを行っています。

詳しくは中野真弓のプロフィールをご覧ください

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

種子島レッスンスケジュール ※2017年11月~ 毎週金曜のジンジャービレッジでのレッスンはお休み中 ※2018年2月~ 「毎週火曜第1、第3」「毎週土曜第2、第4」の月2回開催。 ♦お問合せ♦   LINE : @bodybasic 08067933536 bodybasicstudio@gmail 中野真弓

種子島と屋久島の歴史

先日初めて屋久島を訪れました。
人も自然もエネルギーがすごかった。

なんか思い出してもドキドキしてくるような、生命の力みたいのを凄く感じました。

種子島に帰ってきてから、ご近所のおじさん(70代だけどおじいちゃんには全く見えない。)とこの前屋久島行ってきたんだ~。なんて話していたら、種子島と屋久島の歴史を教えてくれました。

まだこの辺りが薩摩藩になる前、種子島と大隅半島(鹿児島の東側)とで屋久島の領地争いをしていたそうです。

当時屋久島には農地が少なく年貢を納めることが難しいからかお殿様は居なかったそうです。

始めは種子島が屋久島を占拠していたところ、大隅半島のお殿様に奪われ、それに怒った種子島家がまた屋久島に攻め込んで取り返したそうです。

その後は薩摩藩が種子島や屋久島を納めるようになったそうです。
といっても、種子島は薩摩藩といっても独立国のような扱いだったようです。

屋久島は農地が少ないので作物を育て年貢を納めるのは難しく、屋久杉を切ったものを年貢として納めていたそうです。

で、そのころ種子島は大阪と密貿易をしていたそうで、鉄砲も種子島から大阪に伝わったそうです。

種子島の集落の踊りで「堺・・・」という集落で伝わる踊りがあるのですが、その踊りも当時の大阪から伝わったものだそうです。

種子島と屋久島近くても全然違う島。屋久島に同行した友人が二つの島を太陽と月みたいと言い表していました。それぞれの島が辿ってきた道もそう思わせるのに関係あるのかもしれないですね。

歴史を知るとまた面白いですね。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦ Body Basic studioのLINEにご登録下さい♪ スタジオからのレッスン、主催ワークショップやお休みなどの お知らせを不定期でお届けします! お問合せや気軽な質問・お知らせもこちらからご連絡頂けます。 友だち追加

♦ Body Basic studio ♦

身体を、感じて、コントロール。

身体を感じることは身体を知ること。 身体を知ることは自分を知ること。 自分を知ることは自分を大切にすること。

「心身ともに快適」を自分で作る、Body Basic Control。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

2007年キューバへ単身1年遊学した際に出会った「パルテ デル クエルポ」(身体を23個のパーツに分け、それぞれを独立して動かすことで身体感覚を高めるメソッド)と帰国後習得した「ピラティス」を組み合わせたレッスンを行っています。

詳しくは中野真弓のプロフィールをご覧ください

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

種子島レッスンスケジュール ※2017年11月~ 毎週金曜のジンジャービレッジでのレッスンはお休み中 ※2018年2月~ 「毎週火曜第1、第3」「毎週土曜第2、第4」の月2回開催。 ♦お問合せ♦   LINE : @bodybasic 08067933536 bodybasicstudio@gmail 中野真弓