種子島でSUP体験

先日、熊野海水浴場で初めてSUPデビューしました。

「SUP」ってご存知ですか?私は種子島にくるまで知らなかったのですが、

Stand Up Paddleboard(スタンドアップパドルボード)の略でハワイ発祥の物だそうです。素人の解釈ですと、大き目のサーフボードの上にパドルを持って立ち、海の上をお散歩するような感じです。体験だったので熊野海水浴場にある岩場の洞窟みたいなところまで行って帰ってくる正味15分くらいのものでした。

海に対して今ままで馴染みがあまりなかったので、足がつかないことに多少恐怖心があるので、最初はおっかなびっくりでしたがガイドさんがペースに合わせてゆっくりと伴走してくれていたので、何とか目的地まで1回落ちるだけで行って帰ってこれました。

ご存じの方も多いかもしれませんが、種子島といえばサーファーというくらいサーフィン文化のある島なんです。今までマリンスポーツに縁がなく生きてきましたが、種子島に移住したからにはサーフィンもSUPもアイテムが揃ったら始めようと思っています。

そんな話をしていると、「ピラティスやっているから、絶対すぐ上手くなるよ~。」とか「サーフィン上手そう~!!」(←まだ始めてません汗)

なんて言って頂けたりします。そういって貰えること自体は嬉しいのですが、自分的にはピラティス・インストラクターとして頑張らねば!とプレッシャーも感じています。

出産の時もそうなのですが、インナーマッスルや骨盤低筋群に関連する事ってピラティス・インストラクターと名乗っている以上、実践でしっかり結果を出したい!内心思っています。きっと世のインストラクターの方たちは言わなくてもそう思ってるんじゃないかとおもうのですが、、、どうでしょう(笑)?。

※出産は本当に様々だと思うので、経過に問題なく体調も良い場合はそう思うのでは?という意味です。

なので、サーフィンやSUPを単純に楽しみとしてやるのもそうなのですが、プラス普段のピラティスのトレーニング、体の使い方や考え方がどれだけ活かされるのかという楽しみもあります。

 

もちろんサーフィン・SUP自体になれる事も必要ですが、何も意味がないことはないと思うのです。そして、大人になってから身体的な理由で物事をあきらめずに楽める事ってすごく幸せだとも思うんですよね。ピラティスをやっていなくてももちろん楽しめると思いますが、やっていたらハードルが少し低く感じられるんじゃないかと思います。

本当、何をするにも「身体が資本」だなとつくづく思います!

とりあえずサーフィンSUPはじめたらレポします!すごいグダグダだったとしても優しく見守ってください(笑)

 

そして今回体験をさせて頂いた種子島のSUPやカヤックのツアーガイドをしているJAH-LA-SORAさんありがとうございました!ガイドの方は種子島出身で子供のころから島の海や自然と共に育ってきた方です。本当にこの時期のこの時間はあそこの夕焼けが最高だ!など、地元の方ならではのツアーを組んで下さるそうですよ!!

SUPやカヤックでマングローブの原生林を抜けたりと本当絶景ポイントが沢山です!島に遊びにくる方オススメです!!!

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦ Body Basic studioのLINEにご登録下さい♪ スタジオからのレッスン、主催ワークショップやお休みなどの お知らせを不定期でお届けします! お問合せや気軽な質問・お知らせもこちらからご連絡頂けます。 友だち追加

♦ Body Basic studio ♦

身体を、感じて、コントロール。

身体を感じることは身体を知ること。 身体を知ることは自分を知ること。 自分を知ることは自分を大切にすること。

「心身ともに快適」を自分で作る、Body Basic Control。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

2007年キューバへ単身1年遊学した際に出会った「パルテ デル クエルポ」(身体を23個のパーツに分け、それぞれを独立して動かすことで身体感覚を高めるメソッド)と帰国後習得した「ピラティス」を組み合わせたレッスンを行っています。

詳しくは中野真弓のプロフィールをご覧ください

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

種子島レッスンスケジュール ※2017年11月~ 毎週金曜のジンジャービレッジでのレッスンはお休み中 ※2018年2月~ 「毎週火曜第1、第3」「毎週土曜第2、第4」の月2回開催。 ♦お問合せ♦   LINE : @bodybasic 08067933536 bodybasicstudio@gmail 中野真弓

東京・大阪ワークショップのお知らせ。

9月に東京・大阪でワークショップを開催させて頂きます。

産後初の東京・大阪でのレッスンなのでドキドキです。

東京ワークショップ

☆パルテ デル クエルポ☆

2017/9/16(土)9:00~12:00

場所 新宿・渋谷近郊

(場所や時間の最終決定は8月中旬ころを予定しています)

料金 5000円

※キャンセル待ちになります。

☆ピラティス・レッスン☆

2017/9/16(土)14:00~15:00頃

場所 新宿・渋谷近郊予定

(場所や時間の最終決定は8月中旬ころを予定しています)

料金 2000円

 

大阪ワークショップ

☆パルテ デル クエルポ☆

2017/9/18(月祝)16:00~18:30

場所 ETHNIC DANCE STUDIO 

大阪市中央区南船場1丁目16-2 ふぁみーゆ南船場B2F

料金 5000円

 

 

詳しいレッスン内容などは追ってご連絡いたします。

東京でもパルテ デル クエルポのレッスンをご希望の方はキャンセル待ちとなりますが空きが出き次第ご連絡いたしますのでご一報ください。

 

久しぶりの東京・大阪、お久しぶりな皆さんに会えるのを楽しみにしています!ぜひ会いに来てくださいね!!

 

参加人数が少なかったら中止になる場合もあるので(涙)参加ご希望の方はご連絡ください。、、中止になったら寂しいので、気になった方はぜひお待ちしていますね(^^♪

 

partedelcuerpo@gmail.com

070-3515-4994

Line ID : @bodybasic

中野真弓

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦ Body Basic studioのLINEにご登録下さい♪ スタジオからのレッスン、主催ワークショップやお休みなどの お知らせを不定期でお届けします! お問合せや気軽な質問・お知らせもこちらからご連絡頂けます。 友だち追加

♦ Body Basic studio ♦

身体を、感じて、コントロール。

身体を感じることは身体を知ること。 身体を知ることは自分を知ること。 自分を知ることは自分を大切にすること。

「心身ともに快適」を自分で作る、Body Basic Control。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

2007年キューバへ単身1年遊学した際に出会った「パルテ デル クエルポ」(身体を23個のパーツに分け、それぞれを独立して動かすことで身体感覚を高めるメソッド)と帰国後習得した「ピラティス」を組み合わせたレッスンを行っています。

詳しくは中野真弓のプロフィールをご覧ください

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

種子島レッスンスケジュール ※2017年11月~ 毎週金曜のジンジャービレッジでのレッスンはお休み中 ※2018年2月~ 「毎週火曜第1、第3」「毎週土曜第2、第4」の月2回開催。 ♦お問合せ♦   LINE : @bodybasic 08067933536 bodybasicstudio@gmail 中野真弓

腰痛対策の座り方

今日は腰に負担を掛けない座り方の紹介です。

腰痛になる原因はいろいろとあると思いますが、座っている時の姿勢は立っているときよりも腰への負担が1.4倍になると言われています。座り姿勢で腰に負担をかけたまま過ごしていると、慢性的な腰痛やふとした事を引き金に腰痛を起こすという事が起こりやすくなります。

実際に私自身10代の頃から(初めてぎっくり腰になったのは中学生でした 涙 )ピラティスを始めるまでの約10年のあいだ慢性的な腰痛に悩まされていました。

当時は本当に辛かったです。自分で出来る対処法が無かったので(知らなかった)いつあの痛みが来るか解らないという不安と、なってしまったらいつ痛みが引くのかが解らないので只々待つばかりの不安と。きっと腰痛持ちに方には共感してもらえると思います。

私の腰痛を起こしているのは意外かもしれませんがダンスでした。厳密に言えば普段から腰に負担をかけるような姿勢を知らず知らず取っていて、ダンスをしている時のの身体の使い方が引き金になって腰痛を引き起こしているような状態でした。それも10代から20代前半にかけてのとっても若い時に、、。

一見からだに良さそうな「若さ」も「運動」も使い方が悪ければ当たり前ですが身体に負担をかけ痛みや不調に繋がります。

ピラティスを学び、インストラクターとして活動するようになってしみじみと思うのですが、「痛みは身体からのメッセージ」だと本当に思います。

「痛みを嫌だな」ではなく、「じゃあ、どうしていけば良いかな」ととらえていく事が大切だと思います。

 

 

では実際に日常でどうしていけば良いかです。

座り方を気を付けましょう(笑)、すごくシンプルですね。

 

座った時に腰が丸くなるような座り方が腰に負担をかけます。

× 座る≠お尻

○ 座る=足の付け根

座った時に自分のお尻の頬っぺたを引っ張りだして座るようにし腰を立てます。もう少し具体的に言うと、お尻の下に手を入れてみると左右のお尻のところにそれぞれ骨(坐骨)があるのが解ると思います。その骨をゴロンと乗り越えた出来るだけ骨の前に座ると思ってください。お尻ではなく、足の付け根に座ります。

床に座るときも全く同じです。ただ床に直接座るときのほうが腰を立てづらいので、腰を立て辛い方は椅子に座ることをお勧めします。

ただ家によっては椅子の生活でない場合もあると思うので、腰を立て辛い方はちょっとしたアイテムを使って座るのもオススメです。

コツは高さを出して座ること。自分が腰を立てやすくなるくらいの高さを出すのがポイントです。クッションやバスタオル、etc何かご自宅に利用しやすいものがあれば使ってみてください。

ちょうどいいものが無い場合はこういう物もオススメです。

 

空気を6-8割くらい入れボールに座るように使います。

ピラティスボール、ヨガボールとも言います。バランスボールのような素材で大きさが直径20cmのコンパクトサイズです。空気を入れて膨らますので、持ち歩くこ時はコンパクトに畳めるのでとっても便利です。

 

海外に行くときの飛行機に重宝しています。長距離の移動の際に本当にお勧めです。移動の時にはこんな風に使っています。

 

椅子やボールなどのアイテムを使ってぜひ座り姿勢を気を付けてみてください。

座り姿勢が悪い=腰痛になるスタンバイをしている

とも言えるんじゃないかと個人的には思います。

気を付けることはそんなに難しいことではないと思うのでぜひやってみてくださいね!

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦ Body Basic studioのLINEにご登録下さい♪ スタジオからのレッスン、主催ワークショップやお休みなどの お知らせを不定期でお届けします! お問合せや気軽な質問・お知らせもこちらからご連絡頂けます。 友だち追加

♦ Body Basic studio ♦

身体を、感じて、コントロール。

身体を感じることは身体を知ること。 身体を知ることは自分を知ること。 自分を知ることは自分を大切にすること。

「心身ともに快適」を自分で作る、Body Basic Control。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

2007年キューバへ単身1年遊学した際に出会った「パルテ デル クエルポ」(身体を23個のパーツに分け、それぞれを独立して動かすことで身体感覚を高めるメソッド)と帰国後習得した「ピラティス」を組み合わせたレッスンを行っています。

詳しくは中野真弓のプロフィールをご覧ください

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

種子島レッスンスケジュール ※2017年11月~ 毎週金曜のジンジャービレッジでのレッスンはお休み中 ※2018年2月~ 「毎週火曜第1、第3」「毎週土曜第2、第4」の月2回開催。 ♦お問合せ♦   LINE : @bodybasic 08067933536 bodybasicstudio@gmail 中野真弓

アフリカ滞在記 その②

ギニアの首都コナクリからすぐ近くにあるロム島へ行くためのボートに乗る時に(記憶があいまいですが確かそうだったような。)近くにある漁港に行ってきました。市場になっていて、魚や野菜お菓子なんかが売っていて、食事も出来るところです。

日本の築地市場とはやっぱり雰囲気が違うな~。なんででしょう。服装??国民性何でしょうか、日本の方が雰囲気がパリっとしていて、ギニアはなんだかラフな雰囲気でしたね。

 

 

ラスタなジェットボートに乗って1時間くらいで到着。(だったと思う、、。)

 

コナクリの喧騒から一転、人が少なく静かで穏やかな場所でした。

マイナスイオンを浴びれそうな雰囲気の場所。 ちょっとしたリゾート地みたいな場所で、流しで演奏しているローカルっぽいミュージシャンのお兄さん達がいました。

一緒に演奏を始めるたつき。引いている楽器はボロンという楽器で、ひょうたんで出来ていて、弦をはじきつつひょうたんの部分を叩いて演奏する楽器です。

ビーチで遊んでいたら、隣に居たパトロン風のアフリカ人から「日本人??」

と英語で話しかけられて、「こっちで一緒に飲もう」とその人達がいたテーブルに誘ってもらい、一緒に飲み始めました。

話をしていくと、どうやらロム島にある大きな観光客向けのホテルのオーナーだそうで、その時は自分のゲストとビーチに遊びに来ていたそうです。どうりでその人の雰囲気が一般的なギニア人と違うんだなとおもいました。なんていうか国際的な雰囲気があるんですよね。

席に着くと、「これ吞みなよ」「これ食べなよ」と次から次へとお酒やら食べ物やら色々とおもてなして貰い、片言の英語で世間話をしていたら、

その人がふと食べかけのサンドイッチ(街にありそうな美味しそうなサンドイッチ)を手に近くにいた子供を呼びました。

何だろうと思ってみていたら、無言でその子供にサンドイッチを手渡すと、その子供は少し離れたところで立ち止まってそのサンドイッチを食べ始めました。

その光景に私はカルチャーショックを受けたので、ロム島というとその時のことが一番強く印象に残っています。

日本人の感覚だと、食べかけを他人にあげるなんて、、、、。って感じだけど、ギニアの感覚だとむしろ優しいんでしょうね。

文化の違いを体感した瞬間でした。

帰りはきれいな夕日を見ながらボートでコナクリに帰っていきました。

 

久しぶりに写真をみて色々思い出してきました。懐かしいな、

そんな時間が今の種子島まで続いています。

明後日の6/21(水) 19:00~20:30

熊野自然レクリエーション村でアフリカンドラムクラス始まります!

お問い合わせ・ご予約はこちらまで

07035154994 anyohon@gmail.com (中野樹 tatsuki)

 

6月25日(日)種子島南種子町 旧南界中学校の体育館を使って開催される

「第2回ダンス&マルシェ」にホナカアフリカで出演します!

久々のダンス楽しみです!!

わたちも気が向いたら出まちゅ!

 

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦ Body Basic studioのLINEにご登録下さい♪ スタジオからのレッスン、主催ワークショップやお休みなどの お知らせを不定期でお届けします! お問合せや気軽な質問・お知らせもこちらからご連絡頂けます。 友だち追加

♦ Body Basic studio ♦

身体を、感じて、コントロール。

身体を感じることは身体を知ること。 身体を知ることは自分を知ること。 自分を知ることは自分を大切にすること。

「心身ともに快適」を自分で作る、Body Basic Control。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

2007年キューバへ単身1年遊学した際に出会った「パルテ デル クエルポ」(身体を23個のパーツに分け、それぞれを独立して動かすことで身体感覚を高めるメソッド)と帰国後習得した「ピラティス」を組み合わせたレッスンを行っています。

詳しくは中野真弓のプロフィールをご覧ください

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

種子島レッスンスケジュール ※2017年11月~ 毎週金曜のジンジャービレッジでのレッスンはお休み中 ※2018年2月~ 「毎週火曜第1、第3」「毎週土曜第2、第4」の月2回開催。 ♦お問合せ♦   LINE : @bodybasic 08067933536 bodybasicstudio@gmail 中野真弓

アフリカ滞在記 ①

西アフリカにあるギニア共和国にダンスを習いに、旦那さんは太鼓を習いに日本から出ているワークショップのツアーに参加したのは2013年でした。

まだ4年しかたってないのに、引っ越しやら結婚・出産があったからかずいぶん昔かに感じます。

旦那さん(当時は彼氏)がアフリカのワークショップツアーに参加すると聞いていて、人生で一度はアフリカに行ってみたいと常々思っていたので、ここぞとばかりにアフリカンダンスも今始めましたというような状態だったけれど自分もツアーに便乗してみることにしました。

ギニア共和国は本当自分が思い描くようなTHE AFRICAでした、赤土の道路に空が広くて、頭に物をのせて歩く人がいて、、

アフリカって言っても観光地化しているところや、ヨーロッパからの介入を受けている国っていがいと都会だったりするみたいなんですよね。

ギニア共和国って西アフリカでフランスの経済支援を唯一受けづに拒否した国だそうです。その変わりセネガルなどの近隣諸国と比べても数十年の経済的な発展の遅れがあるそうです。当時のギニアの大統領(?)が経済的豊かさよりも国のアイデンティティを守ったという事ですよね。

住んでいる人達にとったらどういう気持ちか解らないけれど、外国人からみたら「その国らしさ」ってすごく魅力だと思うんですよね。

そういうところはキューバの魅力と通じるところがあります。キューバに行ったのは2003年と2007年なのでもう10年以上前だから、政権交代もしているし、アメリカとの関係も当時とは事情が違うので今はまた印象が違うかもしれないですけどね。

なので、ギニアはアフリカの中でも昔からの生活スタイルが残っているほうなんだとおもいます。

 

遭遇した、現地の結婚式「マリアージュ」で踊るギャルズ。マリアージュにはミュージシャンを呼んで昼間から親族や友人その他大勢で踊って、踊って、、。私からみたらまるでお祭りでした。そして、女子はみんなオシャレして来ていて、洋服から髪の毛、メイクもばっちり。

そして通りすがりの外国人が居ても特に問題はないみたいです。私たちも現地のミュージシャンの演奏を聴けるんで、ビデオ回したり、、と日本の感覚からしたらすごく不思議でした。そしてこの「マリアージュ」には新郎新婦は参加しないのが普通らしいです。親族のや友人の為のパーティーなのか、文化が本当に違いますね。

壁に描かれているイラストがPOPアートみたいで、いい味出していて良かった。

これは携帯屋さんの壁に描かれていたイラスト。壁が看板を兼ねているんですね。

 

キューバに行った時にも思ったけれど、アフリカでも一つの物が想像以上に色々な使われ方をしていて面白かった。

印象的なのはキューバに居た時にバケツがパーティー用の食べ物を運ぶ入れ物になっているのを初めて見た時はかなりカルチャーショックだった。

私の中では

バケツ=掃除用具

でしかなかった事にいかに固定観念に囚われていたのかと。

キューバのパーティー料理でマカロニサラダみたいのが割と定番料理で、パーティーも何十人も来たりするから大量に作るんだけれど、そうすると入れ物が大きくなければいけないから理に適ってるんですよね。

キューバもアフリカも音楽やダンスが面白いのはもちろんだけど、そういう生活面でも沢山影響をうけました。

特にキューバに初めて行ったのは20才の時だったから、自分の今の価値観にすごく影響を与えていると思っています。

なんだかアフリカよりもキューバの話になっちゃいました。

また両方の国の事そのうち書いてみますね!

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦ Body Basic studioのLINEにご登録下さい♪ スタジオからのレッスン、主催ワークショップやお休みなどの お知らせを不定期でお届けします! お問合せや気軽な質問・お知らせもこちらからご連絡頂けます。 友だち追加

♦ Body Basic studio ♦

身体を、感じて、コントロール。

身体を感じることは身体を知ること。 身体を知ることは自分を知ること。 自分を知ることは自分を大切にすること。

「心身ともに快適」を自分で作る、Body Basic Control。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

2007年キューバへ単身1年遊学した際に出会った「パルテ デル クエルポ」(身体を23個のパーツに分け、それぞれを独立して動かすことで身体感覚を高めるメソッド)と帰国後習得した「ピラティス」を組み合わせたレッスンを行っています。

詳しくは中野真弓のプロフィールをご覧ください

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

種子島レッスンスケジュール ※2017年11月~ 毎週金曜のジンジャービレッジでのレッスンはお休み中 ※2018年2月~ 「毎週火曜第1、第3」「毎週土曜第2、第4」の月2回開催。 ♦お問合せ♦   LINE : @bodybasic 08067933536 bodybasicstudio@gmail 中野真弓

種子島 DE アフリカン

今月6月21日(水)より「アフリカンDRUMクラス」が始まります。

講師は私の旦那さんでもある中野樹です。よろしくお願いします!

 

西アフリカの太鼓を使って、古来から伝わる伝統音楽を学びます。

様々な音楽のルーツになるリズムのアンサンブルを身体いっぱいで感じましょう!

初めての方も安心!親切丁寧に教えます!!

 

「アフリカンDRUMクラス」

毎月第1・第3 水曜日 19:00~20:30

熊野自然レクリエーション村

1回 1500円 レンタル太鼓500円(要予約)

★予約・問い合わせ★

070-3515-4994 anyohon@gmail.com

講師 中野樹(Tatsuki)

 

これから始まるクラスなので、みんなスタートは同じですよ!!

お気軽にご連絡くださいね!

こちらは2013年に西アフリカのギニア共和国に行った時の物。日本からのツアーで太鼓とダンスを習ってきました。

現地のお祭りに行ったり、マディナという巨大マーケットに行ったり、食べ物にあたったりと久しぶりに写真を見て思い出しました!懐かしい!!

子供も産まれたけど、また近いうちにアフリカに行きたいな!!

写真もまたアップしますね!!お楽しみに!!

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦ Body Basic studioのLINEにご登録下さい♪ スタジオからのレッスン、主催ワークショップやお休みなどの お知らせを不定期でお届けします! お問合せや気軽な質問・お知らせもこちらからご連絡頂けます。 友だち追加

♦ Body Basic studio ♦

身体を、感じて、コントロール。

身体を感じることは身体を知ること。 身体を知ることは自分を知ること。 自分を知ることは自分を大切にすること。

「心身ともに快適」を自分で作る、Body Basic Control。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

2007年キューバへ単身1年遊学した際に出会った「パルテ デル クエルポ」(身体を23個のパーツに分け、それぞれを独立して動かすことで身体感覚を高めるメソッド)と帰国後習得した「ピラティス」を組み合わせたレッスンを行っています。

詳しくは中野真弓のプロフィールをご覧ください

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

種子島レッスンスケジュール ※2017年11月~ 毎週金曜のジンジャービレッジでのレッスンはお休み中 ※2018年2月~ 「毎週火曜第1、第3」「毎週土曜第2、第4」の月2回開催。 ♦お問合せ♦   LINE : @bodybasic 08067933536 bodybasicstudio@gmail 中野真弓

ピラティスが何をしているのかよく解らない時は、

身体の左右差を感じたらと書いてみましたが、左右差がわからないという方がいるのも事実です。

特にピラティスを始めたばかりの時は多いかな??とも思います。

なので左右差を感じ始められたら、一段ステップが上がったと思ってもいいかも知れないですね。

 

「意識を向ける」というのがまずは絶対なんですが、始めって「どういう風に意識を向けるのか」が解らなかったりするかもしれません。

なんでもそうですが初心者の頃って「何が解らないかが解らない」というところからスタートすると思うんですよね。

で、左右差を感じづらい時、感じていくためにどうしたらいいかと言うと。

 

自分の動かす感覚に頼らずに客観的なものを基準にする。というのも一つの方法です。

どういうことかと言うと、仰向けやうつ伏せのムーブメントの時が解りやすいとおもいますが、床を基準に考えるんです。

床って絶対動かないので、それ自体が変わることがないですよね。仰向けやうつ伏せの時の床の触れ方を基準に考えるんです。

始めにポジションを作ります。

その時に自分の身体と床との接地面に意識を向ける。ムーブメントが始まっても身体と床との触れ方をいかに変えずに動くかという事を考える。

そういう風にやると、右足を動かす時は骨盤が床から離れる、、、。

など出てくるんですね。

それを左右比べていく事で、自分の左右差に気づくことが出来ると思います。

いったん気づき方が解ると、床との接点が少ないポジションでも「気にし方」が解ってくると思います。

 

身体を動かす感覚ってすごく人に寄るもので曖昧なものだと思っていて、

例えば姿勢をよくする為に背筋を伸ばしましょう、といわれた時の背筋の伸ばし方って色々だったりすると思うんですよね。

「身体の動き」という縛りがあるので千差万別とは行かなくても、思い込みで動かしていたりする事ってあると思うんですよね。

実際レッスンに続けてこられてる方に、自分では背中が反ってるような気がするけどこれが真っすぐなんですね!とか言われることって割とよくあるので、一般的にもよくあることなんだと思います。

「自分ではこうだと思っていたけど、実際にやってみたらこうだった、、、。」

それぐらい自分の癖に気づくことって難しいことだとも思います。

でも、気づいたときは本当に自分の常識を覆されたくらいのインパクトがあります。

 

日本にいながら、日常を変えずに、でもそんな変化を感じられるなんて面白いですね!

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦ Body Basic studioのLINEにご登録下さい♪ スタジオからのレッスン、主催ワークショップやお休みなどの お知らせを不定期でお届けします! お問合せや気軽な質問・お知らせもこちらからご連絡頂けます。 友だち追加

♦ Body Basic studio ♦

身体を、感じて、コントロール。

身体を感じることは身体を知ること。 身体を知ることは自分を知ること。 自分を知ることは自分を大切にすること。

「心身ともに快適」を自分で作る、Body Basic Control。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

2007年キューバへ単身1年遊学した際に出会った「パルテ デル クエルポ」(身体を23個のパーツに分け、それぞれを独立して動かすことで身体感覚を高めるメソッド)と帰国後習得した「ピラティス」を組み合わせたレッスンを行っています。

詳しくは中野真弓のプロフィールをご覧ください

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

種子島レッスンスケジュール ※2017年11月~ 毎週金曜のジンジャービレッジでのレッスンはお休み中 ※2018年2月~ 「毎週火曜第1、第3」「毎週土曜第2、第4」の月2回開催。 ♦お問合せ♦   LINE : @bodybasic 08067933536 bodybasicstudio@gmail 中野真弓

身体の左右差を感じたら、

ピラティスのムーブメントは左右均等に行うものなのですが、やってみると自分の左右差に気づいてくると思います。

Jpeg

例えば上の写真の様に四つん這いから右足・左手をアップしてバランスをキープするんでも、片方は安定していられるのに反対になったとたんにグラグラしてしまう。なんてことが色々な場面で出てくるんです。

利き足・利き手がある通り日常生活での身体の使い方の癖があるので、程度の差はあれ誰にでも左右差はあるものだと思います。

そういう時は上手に出来る方をお手本に、反対側を修正していくと1人でも練習することが出来ます。

上手に出来るほう・やり易い側の身体の使い方をよく感じる事です。

上の写真の形をするのであれば、まずは四つん這いから足が上がっていくところから。その過程で足のここから力が入り始めて、お腹のこの辺に負荷を感じ始めて。手を挙げていくときには、一番初めに背中側の肩甲骨の下のあたりから力を感じて指先が上がっていくな。両方上がったら背中側はこんな風に引っ張り合うように伸びてて、、、、。

と動く過程の身体の変化をまずはよく感じる事。そして反対側の苦手な方もそれと同じことを辿れる様に練習します。

感じられるものが細かくなればなるほど再現性が高くなるし、自分の身体への感覚が研ぎ澄まされていきますよね。

感覚がよくなればそれが自分の身体のコントロールに繋がっていくんです。

同じ足をあげるという行為もどういう風に感じながら上げるかで筋肉の使われ方って全然違うんですよ。

激しい動きをするから疲れるんじゃなくて、どの位1つ1つの動きを集中してやるかで効果って全然違うんです。

上の写真と同じ位置に足だけを上げる事は、身体的な問題がなければほとんどの人が出来ちゃう簡単な動きだと思います。簡単な動きでいかに全身を使えるかがすごく大事なんです、そしてそれが出来るとすごく面白いと思います。

目標とするところは足を上げる感覚をたっぷり味わいながら上げて、身体がじんわりと熱くなってくるようなそんな感覚です。

同じムーブメントをしてもその時によって上手くいっている時にはある「お腹のあの力」が感じにくいなんて言う日もあります。

そういうのが「自分の身体の感覚を知る」っていう行為の一つなような気もします。

感じにくいその日はフィジカル的な問題であったりメンタル的な問題であったりですね。

感覚を感じる=集中力

ですよね。

 

なので気になる事があったり、気持ちがざわざわしていれば集中する事って難しくなるのでメンタル的な問題だし。

今日はここが痛いかな、とかここを使い過ぎちゃって疲れてるから上手くいかないのはフィジカル的な問題です。

 

そしてそもそもの左右差の原因は日常的な身体の使い方以外の何物でもないのです(多くの人にとって)

普段やっていないことがトレーニング中に急に出てくるなんてことは無いので、トレーニングを通して左右差に気づく事によって、日常生活での気づきが増えできます。

いつも右足重心だから、あのバランスがやりづらかったのか、、、

などなど。

 

トレーニングを通して日常の気づきが増えていく事、そしてそれを自分が心地良いほうに変えていけるという事がピラティスをやる醍醐味なんだと思います。

そして何かに集中して没頭出来ることが、充実感にもつながっているんだなと思います。

 

書いていてピラティスってすごく良いな、ピラティスじゃなくても身体動かすことってすごく良いなと再認識でした!

 

動くのが好きな人もそうでない人も関係なく、だれでも持っている「自分の身体」だから誰にとっても面白いはずって本当に思いますよ!

 

 

 

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦ Body Basic studioのLINEにご登録下さい♪ スタジオからのレッスン、主催ワークショップやお休みなどの お知らせを不定期でお届けします! お問合せや気軽な質問・お知らせもこちらからご連絡頂けます。 友だち追加

♦ Body Basic studio ♦

身体を、感じて、コントロール。

身体を感じることは身体を知ること。 身体を知ることは自分を知ること。 自分を知ることは自分を大切にすること。

「心身ともに快適」を自分で作る、Body Basic Control。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

2007年キューバへ単身1年遊学した際に出会った「パルテ デル クエルポ」(身体を23個のパーツに分け、それぞれを独立して動かすことで身体感覚を高めるメソッド)と帰国後習得した「ピラティス」を組み合わせたレッスンを行っています。

詳しくは中野真弓のプロフィールをご覧ください

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

種子島レッスンスケジュール ※2017年11月~ 毎週金曜のジンジャービレッジでのレッスンはお休み中 ※2018年2月~ 「毎週火曜第1、第3」「毎週土曜第2、第4」の月2回開催。 ♦お問合せ♦   LINE : @bodybasic 08067933536 bodybasicstudio@gmail 中野真弓

おむつなし育児 ④ ~月齢 4ヶ月~

(↑先日5ヶ月になりました!)

月齢4か月目のおむつなし育児は前回とは打って変わって、自分的にはスランプの1か月間でした。

なにが上手くいかなかったかと言うと、

  • ギャーと泣いて、座るのを嫌がられる。
  • おっしこやうんちのサインがよく解らなくなった。
  • 規則的だった排泄のタイミングが何回か変化してしまい、予想しづらかった。

先月の月齢3か月で本格的に始めて手応えがあったので、今月はさらにスムーズに行くと思いきや、なかなか思う通りにキャッチ出来ず、1回も成功しない日も1.2回ありました。始めたころはいきなり布おむつの洗濯枚数が10枚以下、5、6枚なんていう日もあったので、20枚以上の洗濯物が出た日は正直がっくりでした。

 

ただ、反省・改善できた点も多々ありました。

 

ギャーと泣いて、座るのを嫌がられる。

思い返してみると、嫌がられた理由がいくつかあったなと思います。1つ目は今使っている「チャンバーポット」というホーローで出来ているおまるを便座カバー?(座る時にホーローが直接肌に当たらない様にするカバー)使っているのですが、よくおしっこが引っかかってしまい、濡れてしまうんですね。カバーは2枚を使い回していたんですが、1日2枚使うこともあり、足りなくなってしまう日が多々ありました。

無い時は仕方ないとカバーなしで使っていたのですが、それが冷たくて嫌だったみたいで、座らせると条件反射でギャーっと泣く時がありました。

ギャーと泣かれると、すごく酷いことをしているような気持に一瞬なるので、心が折れそうになりますが、

確かに娘を座らせるために足でおまるを抑える時にホーローが直接肌に触れると冷たくて身体が拒否してしまうのを自分自身も体感したので、やっぱり嫌だよねという事で、カバーを2枚追加して計4枚にし足りなくなる日は無くなったので冷たさは解決。少なくても、洗い替えように3.4枚はあったら良いなというのを実感しました。

カバーは購入もできますし、フェイスタオルで作ることも可能です。作り方自体はそんなに難しくないので、苦にならない方は作ってみるのも良いんじゃないかな?と思います。作るなら、厚みがあるタオルが良いと思いますよ。(作り方は検索すると出てきますよ)

座ることを条件反射で拒否!はなくなったような気がするけれど、排泄のタイミングでない時に座らせても嫌がられるのは今でもあります。

わーと泣いてしまうとそういう時は排泄自体しないので、まだ試行錯誤ではありますがそんな時はお尻丸出しのまま(内心おしっこされないかドキドキしながら)落ち着いて泣き止むまでまってからもう一度座らせてみたりしています。

排泄してくれる時は泣かないし、じたばたもしないで一瞬動きが止まったら、「あ、いまおしっこしたな」という感じです。

おむつのまま排泄させたくないと思ってしまうので、つい起きたらすぐ座らせたりとしてしまうのですが、その焦ってやる感じが嫌なのかもしれない。と思ったので、月齢5か月目の1ヶ月間は「焦らない」を目標にやってみようと思います。

 

おっしこやうんちのサインがよく解らなくなった。

 

先月まではおしっこの前に「ふにゃー」という感じで泣いてお知らせしてくれていたのが、今回は気づいたらあれ?泣いてると思ったらもうおむつが濡れていた。なんてことが多かった気がします。

おまるでさせることを意識する余り、今までのコミュニケーションが上手く機能しなくなった感じがしました。コミュニケーションの仕方が変わってお互い振り出しに戻ったような気がしました。

確かに娘の立場からしても、今までとこちらの行動パターンが変わったのでそれにあわせて娘の行動も変わった、そんな気がします。

サインが解らないものは解らないので、そこはよく観察することを心がけつつ、主にタイミングで座らせる方法にしてみました。

朝起きた時、おっぱい中、お昼寝から起きた時、泣いている時。

このタイミングをみて、特に最初の3つの後は高確率でおしっこのタイミングでした。

 

規則的だった排泄のタイミングが何回か変化してしまい、予想しづらかった。

 

これは自分も仕事して生活もしている以上仕方ないのですが、外出するとおっぱいのタイミングや寝かしつける時間が変わってしまう為、特にうんちのタイミングや回数が変わってしまうことが何度かありました。

参考までにどうだったかと言うと、長い間、朝・昼・夕と1日3回だったうんちがある時から急に昼・夕が数時間単位でずれていき、3回だった排泄が今日は2回しかしてないなと思ったら、就寝中にうんちをしてしまったり、おまるでうんちだと1回で済むのに、おむつでうんちだと「朝」の時間帯でも少量づつ3回くらいに分けてしたりとありました。

ただこちらは最近また落ち着いてきて。今は朝・夕の1日2回です。

これはまた変わっていくかもですけどね。大人だってその時によって変わるので赤ちゃんが変わるのも不思議ではないんですけどね。

ただおしっこに比べてうんちのほうがキャッチしやすいです。うんちするのもおっぱいを飲んでいるとき・飲み終わった時、もしくはおならをしたらもうしちゃっているか、する前かっていう感じです。だんだん「おならをしててもまだうんちはしてない」事が増えてきているような気がします。

 

 

今回は特に上手くいかない日が多かったので、反省点ばかり書いていますがもちろん娘の成長を感じる事もたくさんありました。

月齢4ヶ月目の後半になって、夜寝てから朝起きた時までおむつが汚れていない日がぽちぽち出てきました。我慢するという事がだんだん機能してきてるんですね!おならはしたけどうんちはしてないって言うのもそうですよね。

1回1回のおしっこの量も増えてきてますね、そして先日の布ナプキン講座やおむつなし育児の本にも出ていた話なのですが、人間の排泄は朝から昼にかけて活発で夜に向けて落ち着いていくそうです。

で、今まで気づかなかっただけかもしれないですが、確かに娘も午前中がおしっこの回数が多いです。

朝7時に起きて12時までの間に1時間弱お昼寝の間以外だいたい1時間に2回くらいおしっこしていると思います。

そして今回もおむつなし育児をしてみて、つくづくみんなやったらいいのにと思いました。布おむつ派の方は洗濯物が減るし、紙おむつ派の方も使用枚数が減れば経済的だし、そして大体のお母さんって自分の赤ちゃんのうんちのタイミングってわかっていると思うんですよね。そういう時にちょっと手を貸すだけで出来ちゃうから全然難しくないんですよ。

おまるがなかったらトイレでもいいし100均で買える桶なんかでも代用できちゃうんですよ!

やってみたら想像以上に簡単で驚くと思いますよ!そしてなにより、うんちをするときに「うーーーん」と唸っている姿がなんとも可愛いです。

また来月の様子もレポしますのでよろしくお願いします!

 

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦ Body Basic studioのLINEにご登録下さい♪ スタジオからのレッスン、主催ワークショップやお休みなどの お知らせを不定期でお届けします! お問合せや気軽な質問・お知らせもこちらからご連絡頂けます。 友だち追加

♦ Body Basic studio ♦

身体を、感じて、コントロール。

身体を感じることは身体を知ること。 身体を知ることは自分を知ること。 自分を知ることは自分を大切にすること。

「心身ともに快適」を自分で作る、Body Basic Control。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

2007年キューバへ単身1年遊学した際に出会った「パルテ デル クエルポ」(身体を23個のパーツに分け、それぞれを独立して動かすことで身体感覚を高めるメソッド)と帰国後習得した「ピラティス」を組み合わせたレッスンを行っています。

詳しくは中野真弓のプロフィールをご覧ください

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

種子島レッスンスケジュール ※2017年11月~ 毎週金曜のジンジャービレッジでのレッスンはお休み中 ※2018年2月~ 「毎週火曜第1、第3」「毎週土曜第2、第4」の月2回開催。 ♦お問合せ♦   LINE : @bodybasic 08067933536 bodybasicstudio@gmail 中野真弓

布ナプキン講座に行ってきました。

先月20日にジンジャービレッジで開催された布ナプキン講座に行ってきました。

看護師でもある講師のMIKA先生に沢山興味深い話を聞かせてもらいました。

今回は前回のお話会で聞いた内容をもう少し掘り下げたところまで聞けました。

月経血コントロールから骨盤底筋群の筋肉はどういう筋肉なのか、とか女性ホルモンの中に「エストロゲン」というものがあり、いわゆる「女性らしさ」を作り出すホルモンなのですが、エストロゲンが減ると骨盤底筋群が弱くなるという説もあるなど。

私としてはピラティスにも通じる内容ですごく勉強になりました。今まで東京に住んでいて勉強会など、情報を求めれば近くで勉強できるというのが当たり前でしたが、種子島に来てもこういう勉強をする環境があるのがすごくありがたいです。

そして、身体の事を勉強しようと思うと専門的な言葉などが難しく入っていくのが中々大変だと思います。

MIKA先生が言っていたのは「私はとにかく身体の事が大好きで、今までに沢山勉強しました。情報が少ない島の中でこういうお話会を開催しようと思ったのは1つの事に対しての原因は1つだけじゃないので、自分の知識をぜひ皆さんの生活に役立てるのに使ってほしい」と話していました。

貴重な会だと思うので、次のお話会も本当に楽しみです。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦ Body Basic studioのLINEにご登録下さい♪ スタジオからのレッスン、主催ワークショップやお休みなどの お知らせを不定期でお届けします! お問合せや気軽な質問・お知らせもこちらからご連絡頂けます。 友だち追加

♦ Body Basic studio ♦

身体を、感じて、コントロール。

身体を感じることは身体を知ること。 身体を知ることは自分を知ること。 自分を知ることは自分を大切にすること。

「心身ともに快適」を自分で作る、Body Basic Control。

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

2007年キューバへ単身1年遊学した際に出会った「パルテ デル クエルポ」(身体を23個のパーツに分け、それぞれを独立して動かすことで身体感覚を高めるメソッド)と帰国後習得した「ピラティス」を組み合わせたレッスンを行っています。

詳しくは中野真弓のプロフィールをご覧ください

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

種子島レッスンスケジュール ※2017年11月~ 毎週金曜のジンジャービレッジでのレッスンはお休み中 ※2018年2月~ 「毎週火曜第1、第3」「毎週土曜第2、第4」の月2回開催。 ♦お問合せ♦   LINE : @bodybasic 08067933536 bodybasicstudio@gmail 中野真弓